吃音・人見知りだけど接客業を始めて一日26万売り上げるアパレル店員になった僕の日常

吃音のアパレル店員です。今でも「い、いーー、、、いらっしゃいませ」って言っていますがそれでも販売ランキング上位です。話すのが苦手な人の為にちょっとしたコツを紹介していきます。

店員に話しかけられるのが嫌で自分で探したい人

何かこの間いらっしゃったお客さんがシャツの 売り場でなんかすごい勢いでガサガサって漁ってて、 で、「何かお探しですか」「よかったらお手伝いしましょうか」って声をかけたら、 「そんなもんいらん」「自分で探せる」って言って、 またゴソゴソやり始め…

曖昧で抽象的な話を具体的でわかりやすくする方法

今日は曖昧な表現を具体的にしていくという話をしていこうと思います。 この間お医者さんをやっている友人とお話していて、問診していく中で 「急に痛み始めましたか?」 っていう質問に対する患者さんの答えっていうのが結構バラバラだという話をしていたん…

子どもと仲良くなると親が買ってくれる

すごくどうでもいい話なんですけれども、僕、子供と動物にすごい好かれるんですよね。 なんか、会話が成立してなくても何かしらの意思の疎通があるという感じがあって。 まあそれに関連した話なんですけれども、ファミリーのお客様が来られた時って大抵「子…

いい人に恵まれた僕がこれからやるべきこと

今にして思えば、この仕事を始めたばっかりの頃って、 マジで何もできなくて、 レジも打てないし、商品知識もないし、パソコンの作業とかもよくわからんし、 何もしてなかったしかもしれないですね。 その上「いらっしゃいませ」も言えないやつで、 マジ何も…

革靴の魅力に気づいちゃった人

この間お客さんが革靴を買いに来られて、その対応をしていました。 「あんまり革靴を履いたことがない」「今までスニーカーとかしか履いたことない」、 みたいな感じでおっしゃっていて、 「どんな感じで選んだらいいですか?」 みたいな風に聞かれたわけで…

出来ないことがあっても周りから認められてサポートしてもらう為に

このブログでは一貫して、 苦手なことがあってもそれを他でカバーしながら十分やっていける っていう話をし続けています。 そして、大抵のことは努力でなんとかなるとも思っています。 でも本当に努力したけど本当にできないことっていうのも中にはあるので…

ありがとう、ごめんなさい、返事の「はい」を必ず言う

今日はね、ありがとうとごめんなさいと返事の「はい」だけは必ずちゃんと言うっていう話で、もうほとんどタイトルで全部言ってしまっています。笑 仕事があんまりできないうちはとにかくこの三つを言えるかどうかっていうのが一番大事だよっていう話ですね。…

他人に関心がない人は接客業に向いていない話

接客業に向いていない人っていう話の続きなんですけれども、 やっぱ基本はコミュニケーションなので、コミュニケーションに関する興味がない人っていうのはもうやめておいた方がいいかなと思います。 コミュニケーションって双方向なので、 「自分のことを相…

話の上手い下手以前に接客に向いていない人の特徴

基本的にずっと「人見知りでも吃音があっても接客はできるよ」っていうスタンスでブログを書き続けているんですけれども、 ってかもうほぼそれしか言ってないんですけれどもね。 ただ本当にできない人は本当にやらないほうがいいと思うので、 今日は接客業を…

自信と実績はどちらが先に出来上がるのか

前に「自信をつければ接客ももっと楽にできるんだ」っていう話をしたんですけれども、 ちょっと知り合いから言われたことがあるので考え直しました。 何を言われたのかというと、「何も実績がないから自信がつかないんだよ」って言われて、 それは確かにその…