吃音・人見知りだけど接客業を始めて一日26万売り上げるアパレル店員になった僕の日常

吃音のアパレル店員です。今でも「い、いーー、、、いらっしゃいませ」って言っていますがそれでも販売ランキング上位です。話すのが苦手な人の為にちょっとしたコツを紹介していきます。

客層が良ければ接客業は辛くない

この仕事始める前はなんかTwitterとかテレビとか見てて、 接客業って大変だなー クレーマーとかいるんだろうなー って思ってたんですけれども、 実際やってみて思ったのは、 8割ぐらいの人はいい人だなって。 実際ものすごく嫌な思いをする事っていうのはそ…

お釣りの「お」が出てこないときに工夫したこと

他の記事でも繰り返し言ってるように、 僕はア行の言葉が苦手で、 「いらっしゃいませ」とか「ありがとうございます」とか「お待たせいたしました」とか お店でよく使う言葉にあ行がすごく多くて困っているわけです。 それらに加えて、完全に盲点だったのが …

事前準備の大切さについては語りつくせない

前に記事にした演じるって言う話にしても、役作りをするっていう話にしても、革靴の魅力に気づいちゃった人の話にしても、 いろんなことで共通して言えることがありまして。 それは、 「普段いかに準備しておくか」 っていうことなんですよね。 やっぱそうい…

店員に話しかけられるのが嫌で自分で探したい人

何かこの間いらっしゃったお客さんがシャツの 売り場でなんかすごい勢いでガサガサって漁ってて、 で、「何かお探しですか」「よかったらお手伝いしましょうか」って声をかけたら、 「そんなもんいらん」「自分で探せる」って言って、 またゴソゴソやり始め…

曖昧で抽象的な話を具体的でわかりやすくする方法

今日は曖昧な表現を具体的にしていくという話をしていこうと思います。 この間お医者さんをやっている友人とお話していて、問診していく中で 「急に痛み始めましたか?」 っていう質問に対する患者さんの答えっていうのが結構バラバラだという話をしていたん…

子どもと仲良くなると親が買ってくれる

すごくどうでもいい話なんですけれども、僕、子供と動物にすごい好かれるんですよね。 なんか、会話が成立してなくても何かしらの意思の疎通があるという感じがあって。 まあそれに関連した話なんですけれども、ファミリーのお客様が来られた時って大抵「子…

いい人に恵まれた僕がこれからやるべきこと

今にして思えば、この仕事を始めたばっかりの頃って、 マジで何もできなくて、 レジも打てないし、商品知識もないし、パソコンの作業とかもよくわからんし、 何もしてなかったしかもしれないですね。 その上「いらっしゃいませ」も言えないやつで、 マジ何も…

革靴の魅力に気づいちゃった人

この間お客さんが革靴を買いに来られて、その対応をしていました。 「あんまり革靴を履いたことがない」「今までスニーカーとかしか履いたことない」、 みたいな感じでおっしゃっていて、 「どんな感じで選んだらいいですか?」 みたいな風に聞かれたわけで…

出来ないことがあっても周りから認められてサポートしてもらう為に

このブログでは一貫して、 苦手なことがあってもそれを他でカバーしながら十分やっていける っていう話をし続けています。 そして、大抵のことは努力でなんとかなるとも思っています。 でも本当に努力したけど本当にできないことっていうのも中にはあるので…

ありがとう、ごめんなさい、返事の「はい」を必ず言う

今日はね、ありがとうとごめんなさいと返事の「はい」だけは必ずちゃんと言うっていう話で、もうほとんどタイトルで全部言ってしまっています。笑 仕事があんまりできないうちはとにかくこの三つを言えるかどうかっていうのが一番大事だよっていう話ですね。…

他人に関心がない人は接客業に向いていない話

接客業に向いていない人っていう話の続きなんですけれども、 やっぱ基本はコミュニケーションなので、コミュニケーションに関する興味がない人っていうのはもうやめておいた方がいいかなと思います。 コミュニケーションって双方向なので、 「自分のことを相…

話の上手い下手以前に接客に向いていない人の特徴

基本的にずっと「人見知りでも吃音があっても接客はできるよ」っていうスタンスでブログを書き続けているんですけれども、 ってかもうほぼそれしか言ってないんですけれどもね。 ただ本当にできない人は本当にやらないほうがいいと思うので、 今日は接客業を…

自信と実績はどちらが先に出来上がるのか

前に「自信をつければ接客ももっと楽にできるんだ」っていう話をしたんですけれども、 ちょっと知り合いから言われたことがあるので考え直しました。 何を言われたのかというと、「何も実績がないから自信がつかないんだよ」って言われて、 それは確かにその…

暴力的に甘いカンボジアのチョコレートの話

この間店長と僕と二人でお店をやらないといけない日がありました。 運営上、基本的に二人は常にお店にいておかないといけなくて、 例えば一人でやってる時にトイレに行きたくなってしまったら、もうお店に誰もおらんなくなってしまうんですよね。 お店に誰も…

服屋さんは対照実験の出来ない実験室だ

中学ぐらいの理科で、対照実験という言葉を習いますよね。 比較したい事柄以外は全部同じにして実験することを言いますけれども、 「服屋さんって対照実験ができない実験室だな」 っていうことを最近思っていています。 例えばあるジャケットについて、 前は…

展示用のシャツを選んだ話。上司の勘が良いと楽しいね

この間上司に、 ディスプレイする用のシャツを四つくらい選んでくれ って言われて。 例えばマネキンに着せるとか、もっと目立つところに置くとか、 そういう普段の平積みみたいな感じじゃない感じでやるからって。 ちょっとプッシュして目立たせるやつを4つ…

言いにくい言葉は変えてもいい。お客様と文脈効果

前に、 「どうしてもいいにくい言葉は言い替えてしまってもいい」 という話をしたことがあるんですけれども。 今日はその話の続きです。 僕の場合、前の記事でもいってるように、 いらっしゃいませをはじめとしたア行の言葉が苦手です。 でも、 「いらっしゃ…

新しい店長は僕を庇いたい話

この間、って言ってもまあ2ヶ月くらい前の話なんですけど、店長が変わったんですよね。 本社からやってきた人なので、もちろん会社のルール自体は僕より全然知ってはいるんですけれども、 このお店のことに関してはあんまり知らない状況です。 また本社から…

挨拶だけは絶対に徹底してやろう

挨拶が大事なんだよっていう話も前にしたことがあるんですけれども。 この話はもう伝わるまで何回でもしようと思うんで、今日もやっていきます。 もうなんかね、接客テクニックとか話術とか磨くより、 挨拶ちゃんとやった方が何倍も効果あるんですよね。 今…

連発型吃音は笑ってごまかす。あくまで自分のペースを崩さない

今回は連発型吃音の人に特に聞いて欲しいお話です。 僕もよく、 「いいいらっしゃいませ」みたいな感じになるので。 そういう吃り方をする人に特に聞いてほしいです。 例えばお客様との会話の中で、 「こちらの商品は~」 とか言うことがよくあると思うんで…

下取り用の物を持ってきてないのに下取りセールで安くなると言い出す人

下取りセールってありますよね。 自分の使ってるお古を引き渡して新品を買う時に割引してもらうっていうやつ。 あれって結構どこの業界でもやってて、楽器とか車とか、そういう比較的大きいな金額のものが多いとは思うんですけれども、 衣服でも、例えば洋服…

コロコロをしたい男の子の話

あの、カーペットの掃除をするコロコロテープありますよね。 僕はあれをしょっちゅうやってて、いつもカーペットが綺麗になっているようにしています。 そのコロコロの話も別の記事でしたことがあるんですけれども、 www.kituonsekkyaku.work それはちょっと…

失敗や苦手があるくらいのほうが好かれる

このブログでは一貫して、「吃音を治す方法」じゃなくて「吃音があっても他のところでカバーできる方法」を紹介し続けてるわけです。 まあ他の記事とかを見ていただいてもそれはわかっていただけるかなという感じです。 ずっと、「喋りに自信がなくても知識…

マクロな流れを把握してやることリストを作る

今日お話しするのは、 「仕事のマクロな流れを把握しよう」 という話です。 もちろん個々人がやる小さなこと、 例えば割引のシールを貼るとかね、 そういうこともあるのかもしれないですけれども、 そうじゃなくて「お店全体としてこれはやっておかないとい…

スポーツをやってみることも正解の一つ

ダイエットとか体型とかの話もしたことがあるんですけれども、 www.kituonsekkyaku.work まあやっぱりぶよぶよの店員さんが着てるよりも、ちゃんと健康的に引き締まった店員さんが着てる服の方がおしゃれに見えますよね。 まあ当たり前なんですけど。 当たり…

役に入り込む。演じる。自分はカリスマ販売員だ

別のブログでも言ったんですけれども、 生きるのが難しい人にオススメ!「人生は演劇だ」 やっぱ役になりきるとか思い込むとかそういうことって意外と大切だな、みたいな風に最近思ってます。 例えば僕だったらもう自分のことをカリスマ販売員だと思ってます…

50%オフのクーポンを2つ使うとタダになると思っていた人

普段仕事をしていて、よくお客さんから はがきのクーポンとか、アプリのクーポンとか、 「これは使えるんですか」とか、「どっちの方がお得になりますか」とか、 そういうことを聞かれる事ってよくあるんですよね。 それ自体は別に普通のことで、こっちだっ…

伸発型吃音が出そうな時の対策は「思慮深い人」っぽくすること

今日は話し始めの言葉が伸びてしまう人、「いーー…らっしゃいませ」みたいな感じになってしまう伸発型の人に特に聞いてほしい話です。 伸発型の吃音が出てしまう時って、大体自分でも予感がありますよね。 「あーこれ多分出てこない言葉だな」っていうのが頭…

挨拶より大事なことなんてそんなにはない

この間、エリアマネージャーに 「いやー、ナオキ君来ると元気出るわぁ」って 言ってもらえて 「あーそれはどうも」 みたいな感じで言ってたんですけれども、まあそういわれて嫌な気はしないですよね。 「なんかいつでも出勤した時爽やかに挨拶するよなあ」 …

ちょっとした気遣いが心に沁みる話

やっぱりこういう接客業っていうのは、お客さんの流れによって忙しかったり忙しくなかったりします。 繁忙期っていうのは確かにあって、そういう時ってもう本当に休憩も行けないくらい忙しい時っていうのもあります。 そういう時にね、ちょっとした心遣いと…