吃音・人見知りだけど接客業を始めて一日26万売り上げるアパレル店員になった僕の日常

吃音のアパレル店員です。今でも「い、いーー、、、いらっしゃいませ」って言っていますがそれでも販売ランキング上位です。話すのが苦手な人の為にちょっとしたコツを紹介していきます。

吃音・人見知りでも接客できる

お釣りの「お」が出てこないときに工夫したこと

他の記事でも繰り返し言ってるように、 僕はア行の言葉が苦手で、 「いらっしゃいませ」とか「ありがとうございます」とか「お待たせいたしました」とか お店でよく使う言葉にあ行がすごく多くて困っているわけです。 それらに加えて、完全に盲点だったのが …

事前準備の大切さについては語りつくせない

前に記事にした演じるって言う話にしても、役作りをするっていう話にしても、革靴の魅力に気づいちゃった人の話にしても、 いろんなことで共通して言えることがありまして。 それは、 「普段いかに準備しておくか」 っていうことなんですよね。 やっぱそうい…

子どもと仲良くなると親が買ってくれる

すごくどうでもいい話なんですけれども、僕、子供と動物にすごい好かれるんですよね。 なんか、会話が成立してなくても何かしらの意思の疎通があるという感じがあって。 まあそれに関連した話なんですけれども、ファミリーのお客様が来られた時って大抵「子…

出来ないことがあっても周りから認められてサポートしてもらう為に

このブログでは一貫して、 苦手なことがあってもそれを他でカバーしながら十分やっていける っていう話をし続けています。 そして、大抵のことは努力でなんとかなるとも思っています。 でも本当に努力したけど本当にできないことっていうのも中にはあるので…

ありがとう、ごめんなさい、返事の「はい」を必ず言う

今日はね、ありがとうとごめんなさいと返事の「はい」だけは必ずちゃんと言うっていう話で、もうほとんどタイトルで全部言ってしまっています。笑 仕事があんまりできないうちはとにかくこの三つを言えるかどうかっていうのが一番大事だよっていう話ですね。…

自信と実績はどちらが先に出来上がるのか

前に「自信をつければ接客ももっと楽にできるんだ」っていう話をしたんですけれども、 ちょっと知り合いから言われたことがあるので考え直しました。 何を言われたのかというと、「何も実績がないから自信がつかないんだよ」って言われて、 それは確かにその…

言いにくい言葉は変えてもいい。お客様と文脈効果

前に、 「どうしてもいいにくい言葉は言い替えてしまってもいい」 という話をしたことがあるんですけれども。 今日はその話の続きです。 僕の場合、前の記事でもいってるように、 いらっしゃいませをはじめとしたア行の言葉が苦手です。 でも、 「いらっしゃ…

連発型吃音は笑ってごまかす。あくまで自分のペースを崩さない

今回は連発型吃音の人に特に聞いて欲しいお話です。 僕もよく、 「いいいらっしゃいませ」みたいな感じになるので。 そういう吃り方をする人に特に聞いてほしいです。 例えばお客様との会話の中で、 「こちらの商品は~」 とか言うことがよくあると思うんで…

失敗や苦手があるくらいのほうが好かれる

このブログでは一貫して、「吃音を治す方法」じゃなくて「吃音があっても他のところでカバーできる方法」を紹介し続けてるわけです。 まあ他の記事とかを見ていただいてもそれはわかっていただけるかなという感じです。 ずっと、「喋りに自信がなくても知識…

マクロな流れを把握してやることリストを作る

今日お話しするのは、 「仕事のマクロな流れを把握しよう」 という話です。 もちろん個々人がやる小さなこと、 例えば割引のシールを貼るとかね、 そういうこともあるのかもしれないですけれども、 そうじゃなくて「お店全体としてこれはやっておかないとい…

役に入り込む。演じる。自分はカリスマ販売員だ

別のブログでも言ったんですけれども、 生きるのが難しい人にオススメ!「人生は演劇だ」 やっぱ役になりきるとか思い込むとかそういうことって意外と大切だな、みたいな風に最近思ってます。 例えば僕だったらもう自分のことをカリスマ販売員だと思ってます…

伸発型吃音が出そうな時の対策は「思慮深い人」っぽくすること

今日は話し始めの言葉が伸びてしまう人、「いーー…らっしゃいませ」みたいな感じになってしまう伸発型の人に特に聞いてほしい話です。 伸発型の吃音が出てしまう時って、大体自分でも予感がありますよね。 「あーこれ多分出てこない言葉だな」っていうのが頭…

普段から人を助ければ人から助けてもらえるようになる

なんだかんだ言いつつ僕はそんなに緻密に仕事するタイプでもないし、緻密な仕事ができる能力もないんですよね。 だから結構「やってしまった!」っていうミスをする時があります。 僕がよくミスするのはレジ関係とかですね。 お客さんはクレジットカードで払…

周りに聞こえるくらい大げさに謝ると怒られない

今回はちょっと吃音があるけど接客できるよっていう話ではなくて、より接客業全般の話です。 例えばお店サイドのミスでお客様に迷惑かけてしまったっていう場合、まあもちろんクレームが入りますよね。 そのクレーム対応として僕は心がけているのが、 「周り…

声をかける前に内容を予測しておく

お客さんが来て、商品を手にとって悩んでる感じとかだったら、 もちろん声をかけるんですけれども。 その声をかける前に「お客さんが何を探しているのか」っていうのは事前に予測するようにしています。 予測することで会話の流れを自分の頭の中で組み立てる…

話すのが苦手だから話しかけられやすい状況を作る

このブログでも繰り返しお話ししているように、 僕はセールストークをしたりとか、流暢な話術で言葉巧みに売り込んだりとかっていうのはあまり得意じゃないです。 だから、「いかにお客さんの方から話しかけてもらえるか」っていうことにフォーカスして頑張…

本業とは関係のないこだわりを持つことの大切さについて

接客業をやってて、「こだわりを持つことって大事だなぁ」って思いまして。 ここでいうこだわりっていうのは、「頑固になる」みたいなことではなくて、「自分にとってすごく大切なものを持ってる」っていう意味です。 そういう事が大事だなって最近そう思う…

流暢に話すことよりも笑顔が大切

喋るのが苦手ってことに関しては、仕事に慣れてきても変わらなかったんですよね。 苦手なもんはやっぱり苦手なんですよ。 けれども、まあ上手く喋れてないなりに接客はできてるなっていうのはあるので、 今日はちょっと言葉以外で伝えるっていうことに関して…

吃音の人が一番嫌いな事、それは電話

突然なんですけど、電話ってやっぱ難しいですよね。 電話は難しいですよ。 まだ会って喋ってる人とかだったら、ミスっても笑ってごまかすみたいなことができるんですけど。 電話だとそういうわけにもいかないですよね。 表情伝わらないし。 電話、難しいです…

言葉に詰まっても笑って自分ツッコミをしておけば割となんとかなる

「吃音でも接客できるんだ」っていう話をずっとしてはいるんですけれども、 やっぱね、どもる時ってのはどうしようもなくどもるんですよね。笑 ただまあ最近はどもっても気にしなくなってきました。 例えば、「裾直し2日ぐらいお時間頂戴するんですけれど大…

変なメンタルトレーニングよりもストレッチの方が大切

今日言いたいのは、 「皆さんストレッチした方がいいですよ」 っていう話です。 「何で急にストレッチの話が始まったんだ?」 って思われるかもしれないですけれど、 これが結構関係あるんですよ。 ストレッチの効果として、まず「筋肉を伸ばして体をほぐす…

小手先のテクニックを磨くよりダイエットした方がいい

接客業をやっていて、アパレルなんかは特にそうだと思うんですけど、 「やっぱり見た目って大事だな」って。 見も蓋もない話ではあるんですけど。笑 ※ただしイケメンに限る はちょっと真剣に考えていかないといけない問題だと思ってます。 だって自分がお客…

接客業においても腹式呼吸は大切

はい、こんにちは! 今日はですね、腹式呼吸の話をしようと思います。 「腹式呼吸と接客関係ないんじゃないか?」って言われそうですけど、 これがめっちゃ関係あるんですよ。 やっぱり発声の基本なので、声を出すためにお腹から声を出すことが大切なんです…

自信は実力で補う。喋りが苦手だからこそ知識をつける

前にも似たようなことを言ったことあるかもしれないですけど、やっぱ不安になるとさらに言葉がつっかえるるので、 やっぱ不安を解消しないといけないっていうのもあります。 不安を解消する、要するに自信をつける自信をつけるために一番手っ取り早い方法っ…

自信がないと更に吃る。吃音は自分との戦いだ

あの、当たり前の話すぎて逆に申し訳ないみたいなところはちょっとあるんですけども、 ちょっと考えて欲しいなって思ってることがあります。 不安な気持ちがあると更に吃りますよね? そう、不安な気持ちやちょっとした心配ごとがあったりすると、 普段から…

未経験で仕事を始めたばかりの時にやるべきこと

僕が服屋さんの仕事を始めたときは、社員さん二人と僕っていう3人体制でやってて、(今考えたらめちゃくちゃ) それはそれは大変だったんですよね。 僕は業界未経験でやってますし、基礎知識がないわけですよ。 あまりにも物事を知らなすぎて。 もちろん服のこ…

「ありがとう」が言えない人必見!抑揚とリズムを変えると言葉が出やすい

「ア行で詰まることがよくある」っていう話をしたことがあるんですけれども、 「ありがとうございました」 ってすごい難しいんですよね。笑もちろんよく使う言葉なので難しいとか言っている場合ではないんですけど。 自分が接客したお客さんは当然として、他…

特に言い間違えやすい接客用語について

「言葉の流暢さよりもメンタルが大事」とは言ってもやっぱメンタルだけでどうしようもない部分ってありますよね。 接客用語とか、困るんですよ。 吃音の人って全部の言葉でつっかえるかって言うとあんまそういう人って逆に少なくて、僕はア行が苦手なんです…

言葉がつっかえて出てこない難発型の人がやるべきこと

今回の話は、難発型の人に特に聞いて欲しいなって思ってることです。 何か喋ろうにももう「一言目が出てこない」みたいな、「うっ・・・」てなる時ありません? 僕はよくあります。めちゃめちゃあります。 「ありがとうございました」とか言おうとして、「ァ…