吃音・人見知りだけど接客業を始めて一日26万売り上げるアパレル店員になった僕の日常

吃音のアパレル店員です。今でも「い、いーー、、、いらっしゃいませ」って言っていますがそれでも販売ランキング上位です。話すのが苦手な人の為にちょっとしたコツを紹介していきます。

特に言い間違えやすい接客用語について

 

「言葉の流暢さよりもメンタルが大事」とは言ってもやっぱメンタルだけでどうしようもない部分ってありますよね。

 

接客用語とか、困るんですよ。

 

吃音の人って全部の言葉でつっかえるかって言うとあんまそういう人って逆に少なくて、僕はア行が苦手なんです。

 

ア行とハ行ですね。

 

この二つは特に苦手なんです。

 


人によってはカ行が苦手みたいな人もいます。

いろんな人がいますよね。

 


その話の続きなんですけど、接客用語ってめっちゃア行が多いんですよ。


「いらっしゃいませ」
「ありがとうございます」
とか、

電話出るときにも
「お電話ありがとうございます」

みたいなね。

そういうのがよくありますよね。

 


よく使う言葉が苦手だったりしてもう悲惨ですよ。笑


これもまあ対策があるので。

また具体的に
「電話の時はこう」とか、
事例別に紹介して行こうかなって思ってます。

それは追々お話しします。

 


ちなみにいらっしゃいませの場合は、

「い」で始まったらどうしてもきついので。

「しゃせー」とか、
「Show me say」とか、

 

なんとか別の言葉で、言い換えて言いやすいようにしています。笑

 

 

そういうのを探しながらやってますね。
またその話も詳しくして行こうかなって思ってるので、是非ともお楽しみに!