吃音・人見知りだけど接客業を始めて一日26万売り上げるアパレル店員になった僕の日常

吃音のアパレル店員です。今でも「い、いーー、、、いらっしゃいませ」って言っていますがそれでも販売ランキング上位です。話すのが苦手な人の為にちょっとしたコツを紹介していきます。

小手先のテクニックを磨くよりダイエットした方がいい

接客業をやっていて、アパレルなんかは特にそうだと思うんですけど、

 

「やっぱり見た目って大事だな」って。

 

見も蓋もない話ではあるんですけど。笑

 

 

ただしイケメンに限る

 

はちょっと真剣に考えていかないといけない問題だと思ってます。


だって自分がお客さんになったらって考えた時でも、なんか汚いおっさんに言われるよりはイケメンにお似合いですよって言われた方が嬉しいですよね。

 

普通にその服買いますよね。

 


ぶくぶくに太ったおばちゃんに接客されるよりも綺麗な女の子に接客された方がもちろん僕だって嬉しいわけですよ。

 

 


だからね、「差別が」とかそういう話もあるとは思うんですけれども、

やっぱ「見た目がいい」って言うのは才能とか能力とかの一つだなって思います。

 


まあ顔の形に関しては努力してどうにかなる問題ではないんですけれど、最低限引き締まった体っていうのは努力で解決する問題なので、それくらいはやっぱり努力した方がいいと思いますね。

 

 


もうなんか明らかに生活習慣の悪そうなデブって印象が良くないわけですよ。


「お前にファッションの何がわかるんだよ」っていう気がしますよね。


だから僕も、まあ元々太りにくい体質ではあるんですけれども、
でもやっぱり意識的に運動はしてます。

 


日常生活の中でもエレベーターとかは基本的に乗らないですし、

 

電車で一駅二駅ぐらいだったら普通に自転車で行きますし、

 

なるべく体を動かすようにはしてますね。

 

それに、働いてるところがイオンの中の服屋さんなので、イオンのジムみたいなところも使えるんですよ。

 

もちろんお金は払うんですけれども、従業員割引があるので、それで水泳をやったりとかして、

自分のお店の服が似合う自分っていうのをちゃんと作って

います。

 

 


そういうところは自分の気持ち次第で変えていけるところなので、皆さんも自分なりの体型とかスタイルとかを作っていくといいと思います。

 

 

次の休みの日には20キロくらい自転車こいで出掛けます!

それではまた!