吃音・人見知りだけど接客業を始めて一日26万売り上げるアパレル店員になった僕の日常

吃音のアパレル店員です。今でも「い、いーー、、、いらっしゃいませ」って言っていますがそれでも販売ランキング上位です。話すのが苦手な人の為にちょっとしたコツを紹介していきます。

言葉に詰まっても笑って自分ツッコミをしておけば割となんとかなる

「吃音でも接客できるんだ」っていう話をずっとしてはいるんですけれども、

やっぱね、どもる時ってのはどうしようもなくどもるんですよね。笑

 

 


ただまあ最近はどもっても気にしなくなってきました。

 

例えば、
「裾直し2日ぐらいお時間頂戴するんですけれど大丈夫ですか?」っていう確認をお客さんにする時とかに、

 

 

「す、す、s・・・・裾直し!」

 

 

 

みたいになる時があるんですよね。笑

 


僕は時々こういうのをやっちゃうんですけれども、
ただそういう時もね、最近は「笑っとけばいいかな」みたいな感じになってます。

 


そうなってしまったら、
「ちょっと今どもってしまったんですけどもね」
みたいな感じでもう自分から言っちゃいます。

 

 


それから、


「ところであの裾直しのことなんですけれど」

ってもう一回話を切り出せば、


案外お客さんも気にしてないし、


「あの店員さんめっちゃどもってますね」

みたいな感じでクレームが入ったことも一度もないので、

 

全然心配いらないんですよね。

 

 

 

 


仮にどもったり言い間違ったりとかしても、
「今ちょっとね、言葉おかしかったですけど」


みたいな感じで一呼吸挟んで、

 


すぐ本題の話に切り替えてもって行けば基本的に問題はないですよっていう話でした。


今日も元気に頑張りました!
失礼します!