吃音・人見知りだけど接客業を始めて一日26万売り上げるアパレル店員になった僕の日常

吃音のアパレル店員です。今でも「い、いーー、、、いらっしゃいませ」って言っていますがそれでも販売ランキング上位です。話すのが苦手な人の為にちょっとしたコツを紹介していきます。

マネキンの服決めるの任されて楽しんでいる話

最近マネキンの着せ替えを担当することが増えてきて、

 

 

 

もうなんか上司とかに

 


「どれを着せますか」とか
「どんな感じでいきますか」とか聞いても、

 

 

 

 

「ナオキ君のセンスでいいよ」とか
「自由にやっちゃって」


みたいな感じで言ってもらえるようになりました。

 


「ああ自由でいいんだ」と思って自由にやってるんですけれども。笑

 

そしたらね、なんか最近お客さんからも


「このマネキンのネクタイって売ってますか?」とか

「このジャケットの色違いってありますか?」とか聞かれるようになってきて。

 

 


で、もうお客さんの方から店員に話しかけてる時点でほぼ売れることは確定しているわけで。


もちろんね、売上が上がって嬉しいっていうのもありますし、


それ以上に自分がマネキンに着せて「もっと見せたい」って思ったやつにお客さんも興味を持ってくれてるっていう事がすごい嬉しいわけですよ。

 


ちょっと大げさな言い方ですけど、「自分のセンスごと褒められてる」気がして。


すごい楽しくやってます。

 


ただまあ逆に、僕の自由でやって売れなくなった時は僕の責任なのでそういうプレッシャーはあるんですけれども。

 

かといって「売上が10万下がったから給料無しだ」ってなるわけでもないので、気楽にやればいいかなとは思います。

 


まあ今のところ楽しくやってるので、これからも楽しくやっていこうと思います!

 

今日はこれくらいで!
失礼します!