吃音・人見知りだけど接客業を始めて一日26万売り上げるアパレル店員になった僕の日常

吃音のアパレル店員です。今でも「い、いーー、、、いらっしゃいませ」って言っていますがそれでも販売ランキング上位です。話すのが苦手な人の為にちょっとしたコツを紹介していきます。

挨拶より大事なことなんてそんなにはない

この間、エリアマネージャーに


「いやー、ナオキ君来ると元気出るわぁ」って

 

言ってもらえて

 

 

 

 

「あーそれはどうも」


みたいな感じで言ってたんですけれども、
まあそういわれて嫌な気はしないですよね。

 

 


「なんかいつでも出勤した時爽やかに挨拶するよなあ」

 

「いやまあもともと爽やかな人やったけどな。
やっぱさ、たまには仕事する気分じゃない日の時もあるやん?」

 

 

「それは確かにありますね」

 

 

「でもいつでもニコニコ出勤して大きい声で挨拶するやん。気分ええわー」

 

 

みたいな感じで言ってもらえました。

 

 

 

 

まぁ結局ね何が言いたいのかっていうと、

 

「挨拶はめちゃくちゃ大事なんだよ」

 


っていう話です。

 

 

 

 

実は僕、仕事中に結構サボったりしてるんですよね。

 

なんか「備品のガムテープがなくなったから買ってくる」とか


「トイレ行ってくる」とか言って外に出て無意味に遠回りして帰ったり、そういうこと結構やってて、


しかもみんなにバレているんですけれど。笑


「えらい遠くのトイレに行ってきたんやなー」って。笑

 

 

 

 

でも出勤した時と帰る時の挨拶だけは絶対にちゃんとやるんですよ。

 

 

ちゃんと上司の方に身体を向けて、

 

「おはようございます!」


「お疲れ様でした!」


「お先に失礼します!」

 

上司が先に帰って僕が残るっていう場合でも、

「お疲れ様でした!お気をつけて!」

 

 

って別れ際の挨拶もちゃんとします。

 

 

 

その最初と最後だけは絶対ちゃんとやるんですよ。

 

 

そういうことが案外大事ですし、逆に言えばそれだけちゃんとやっとけば他の所で多少サボっててもあんまり何も言われないよっていうことでね。

 

お客さんにはちゃんと声かけててもスタッフ同士だとそういう意識がなくなってしまう人って意外と沢山いるので・・・

 

だからより意識的にやっていく必要があります。


挨拶大事なんだっていう話しか結局してないんですけれども、笑
今日のところはこれくらいで。

失礼します!