吃音・人見知りだけど接客業を始めて一日26万売り上げるアパレル店員になった僕の日常

吃音のアパレル店員です。今でも「い、いーー、、、いらっしゃいませ」って言っていますがそれでも販売ランキング上位です。話すのが苦手な人の為にちょっとしたコツを紹介していきます。

他人に関心がない人は接客業に向いていない話

 

 

 

接客業に向いていない人っていう話の続きなんですけれども、

 

 

 

やっぱ基本はコミュニケーションなので、
コミュニケーションに関する興味がない人っていうのはもうやめておいた方がいいかなと思います。

 

 

 

 


コミュニケーションって双方向なので、


「自分のことを相手に知ってほしい」っていうことでもあるし、
「相手のことを知りたい」っていうことでもあるので、

 

その点に関する関心が薄い人っていうのは向いてないなーって思いますね。

 

 

 

 

 

基本は「知りたい」「知って欲しい」っていう気持ちで、
それをサポートするのが言葉だったりはするわけなんですけれども、

 

 

その言葉によってコミュニケーションを円滑にしているっていうことなので、
その言葉の部分が苦手なのは後天的な努力でなんとかなると思うんですよ。

 

 

僕はずっとなんとかなるというスタンスで喋り続けてますし、実際何とかなると思ってます。

 

 

 

でも関心がないっていうことに関しては、


人から「関心を持って」って言われてもそれは無理だろって思いますし、

 

関心がないことに関しては人からとやかく言えることではないので、

 

そういう場合は本当に接客をしなくていい仕事っていうのを探した方がいいと思います。

 

 

 

 

 

本当は人とうまく話したいけどなかなかうまくいかないっていうことに関しては、

努力次第でなんとかなるということをずっと言い続けているので、


そういう人は一緒に頑張っていこうみたいな感じです。 

 

そして、ここではその一緒に頑張っていく具体的な方法をなるべくわかりやすく伝えていけたらいいなという思いで記事を書いております。


どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします!