吃音・人見知りだけど接客業を始めて一日26万売り上げるアパレル店員になった僕の日常

吃音のアパレル店員です。今でも「い、いーー、、、いらっしゃいませ」って言っていますがそれでも販売ランキング上位です。話すのが苦手な人の為にちょっとしたコツを紹介していきます。

お釣りの「お」が出てこないときに工夫したこと

他の記事でも繰り返し言ってるように、


僕はア行の言葉が苦手で、

「いらっしゃいませ」とか
「ありがとうございます」とか
「お待たせいたしました」とか

お店でよく使う言葉にあ行がすごく多くて困っているわけです。

 

 


それらに加えて、完全に盲点だったのが

 


「お釣りが〇円でございます」

っていうのもあって。

 

 

 

この間

「おおおおオツ!」

ってなってしまったんですよね。笑

 


言えるときは結構すんなりと言えるんですけれども、
一旦出てこなくなるとずっと全く話が進まないということになってしまって、
これはよくないな、なんとかしなければと思って色々と考えました。

 

 

 

他の記事でも言ってたように、
すごいいっぱい息を吸うとか
お辞儀とかそういう動作をしながらやるとか もちろんそういう工夫はすでにやってはいたんですけれども、

 


なんかこの間はそれをやってもできなかった時があって。

 

 

 

 


最終的にたどり着いたのが、「お釣り」を言うのを諦めて、

 

「1000円のお返しです。」

 

にしたんですよね。笑

 

 

 

そうすれば「お」で詰まることが全くなくなるので、なんとなく解決したっぽいです。


案外簡単なことだったなって今になってみれば思いますし、
しかも「1000円のお返しでございます」だったら失礼でも何でもないですよね。

 

接客マナーを外れてるとも言えないし、
むしろちゃんとしてるぐらいだと思うので、

 

これは我ながらいい方法を見つけたなと思います。


今回はこれくらいで。
失礼します!